高い性能を実現した双方向電圧レベルシフタ

電圧レベルシフタは、システム内に異なる電圧で操作する複数の部分が存在する時、互換性欠如という問題が発生してしまいます。
双方向電圧レベルシフタはこういった複雑なシステムで多く使用されています。
電圧レベル変換は、同一基盤上に異なる電源電圧を必要とするデバイスが存在する場合には、電圧レベルが異なるため、ダイレクトな信号伝達ができなくなります。
こういった電圧レベルの違う基盤上で直接信号を受けとってしまうと、破壊するおそれがあるため、信号の電圧レベルを変換してから、信号の伝達を行う必要があります。
レベル交換は、定電圧側の回路から高電圧側の回路を制御するというだけではなく、高電圧側から定電圧側の回路を制御するために使用される場合もあり、一方向レベル変換が一般的となっています。

一方向レベル交換よりも複雑な双方向電圧レベルシフタ

一方向レベル交換とは、低電圧側の回路から、出力のみを行って高電圧側から低電圧が側へ、または高電圧側から低電圧側へは通信をおこなわないという回路のことをいいます。
一方向レベル交換は、回路がとても単純で、一方向にしか信号が流れないため、部品代を抑えることができ、低価格で実用的というメリットがあります。
一方、双方向電圧レベルシフタは、片方側が出力のみ、もう一方が入力のみという一方向レベル交換とは異なり、入出力どちらも行うことができる回線となります。
こうした電圧の交換というのは、電気工事だけではなく、海外旅行に行く場合などにも必要となることがあります。
日本で使用されている電圧と、海外の電圧はほとんどが異なりますから、日本の電気製品を使用使用と思った時には、電圧の交換が必要となります。

海外旅行に行く前には電源プラグと電圧をチェック

楽しみにしている海外旅行の準備をする際、注意しないといけないのが海外は国によって電気の規格が異なるため、日本とはコンセントの形状や電圧が異なるケースが少なくありません。
そのため、日本で使用している電気製品はそのまま海外で使用することができませんから、電源変換プラグや電圧レベル交換器が必要となります。
海外の差し込みコンセントの穴の形状は、ほとんどの場合が日本とはことなりますから、旅行先に対応した電源変換プラグが必要となります。
また、海外では120~240Vが主流となっていますから、日本使用の100V専用の電気製品を、直接使用した場合には故障の原因となってしまいます。
そのため、適切な電圧レベル交換器を使用する必要があります。
ただ、気をつけないといけないことは、たとえ電圧レベル変換器を使用したとしても、正しく動作できるとは限りませんから、十分注意が必要です。

サイトでは正規品やRochester製品、Mouser製品を販売しています。 緊急調達や品質の検査、生産中止品の調達を行っています。 新規登録でもれなく500ポイントプレゼント! 配送の際はヤマト運輸と佐川急便をお選びできます。 リピート注文も自動発注や手動発注ができます。 仕入れを当社一本にすることで大幅なコスト削減が実現します。 双方向電圧レベルシフタをお探しならこちらへ