入出力どちらも接続可能な双方向電圧レベルシフタ

双方向電圧レベルシフタは、従来の一方向のレベル変換とは違い、入出力どちらも行うような回路同士を接続する場合、双方向電圧レベルシフタが必要となります。
海外旅行へ行く際、携帯電話や電気シェーバー、ドライヤーなどを持って行くという人も多いと思います。
ただ、日本の家電を海外で使用する場合には、電圧があっていることが重要なポイントとなります。
日本の電圧は、100Vですから、家電製品も100Vで動作するように製造されています。
海外の電圧は、110V~240Vとなっていますから、日本の家電をそのまま使用することができません。
そういったときに利用するのが電圧変換器です。
電圧変換器を使用することで、デジカメや携帯電話、電気シェーバーなどの充電が可能になります。

電圧変換器が必要ではない家電とは

デジカメや携帯電話を充電できないと、海外旅行に行ったときに困りますが、実は、家電には変圧器を内臓しているものが多く、最近発売されている携帯電話やデジカメは、変圧器を内臓している場合があります。
変圧器を内蔵しているか見分けるポイントとしては、本体やアダプターに100-240Vなどという記載があれば、内蔵されているということになります。
変圧器が内蔵されているデジカメやパソコン、電気シェーバーなどは電圧変換器がなくても海外で使用することができます。
ただ、海外対応可能かどうかを、説明書で確認しておくことが必要です。
一方、変圧器があっても、消費電力の大きいヘアドライヤーやポット、炊飯器などは使用できないこともありますから、これも事前に説明書を確認しておくことが大事です。

海外で日本の家電を使用する際にはコンセントの形状が重要

海外で対応可能な家電であっても、コンセントプラグの形状があっていなければ、使用することができません。
日本のコンセントプラグの形状は、A型といわれるものですが、海外では多くの国で適用していませんから、変換プラグが必要となります。
ヘアドライヤーやアイロンなどの消費電力の高い物は、電力変換器があったり、変換プラグがあったとしても使用できない場合がありますが、どうしても海外で日本のヘアドライヤーなどを使用したいといった場合には、海外対応の商品を購入するというのも一つの方法です。
海外旅行を快適に楽しむためには、事前に持って行く家電が海外で対応可能かどうかを調べておくと安心です。
電圧変換器を使用したとしても、以外と使用できないものも多いので、しっかりと確認しておきましょう。